読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな存在から愛を感じる🐥

久々の更新です^^;
精神的ストレスはほぼありませんが身体が疲れてしまうので、眠くて寝る時間も早いんです、最近は *1..zzzZZ

昨日は8月15日。終戦記念日でした。
夜はTVで「硫黄島からの手紙」があっていたので観てみました。
一番印象に残ったところは負傷した米兵を日本兵が助け、かつてオリンピック選手だった(伊原剛志が配役)ので英語が話せ、その米兵と親しくなったんだけど亡くなってしまい、大切に持っていた母からの手紙を伊原剛志(役名が分からない💦)が訳しているシーンでした。

手紙には 愛する息子が無事で一刻も早く帰ってきてほしい、そして一日も早く戦争が終結してほしい と書かれてありました。その内容を聞いた日本兵達それぞれに響くものがあった場面。

親から子への愛 また子から親への愛は国は違えど同じだと感じました。

以上「硫黄島からの手紙」の感想。
ここで時間を8月15日の10時頃に戻します☻

店の開店準備をしていた時に先輩が「かわいい雛鳥がおるよ」と
行ってみるとちっちゃい雛がじーっとうずくまっていた ^_^
「どこから来たんやろー?」4,5分前に箒でそこ掃いてたのにいつの間に👀

親鳥が近くにいるはずと上を見ると それらしき鳥が鳴いていた。
「あれ、親鳥なんじゃないかなー?」
みんな雛をお母さんの元にかえしてあげたい気持ちは一緒。でもどうしてあげたら良いのか分からない。
人間が直接手を出すとヒトの匂いがついてしまい、親が助けに来ることが出来なくなるらしいし...

「このままだと猫やカラスに襲われる」
「手を出さず自然に任せた方がいい」
「連れて帰って育てようかな」
悩んだ結果「ダンボール箱に入れてそのまま様子をみよう」ということに。
箱を組み立てるちょっとの間で雛鳥はいなくなっていました。

あまりに一瞬のことだったので驚いていると、道の真ん中で車に引かれ 横たわる雛の姿が ;_;
捕まえられると感じて飛び出したんでしょう。ちょうどそこに車が...
しばらくの間その出来事が頭から離れなかったのですが、昼前からは雷雨に強風と天気が荒れ始め 今度は店に降りこんでくる雨水を拭くのが大変になりました^^;

「そういえば今日サイレン鳴った?」
毎年終戦記念日の正午にサイレンが鳴り黙祷をするらしいのですが、昨日は雷でサイレンの音もかき消されたんでしょう。全く気付きませんでした💦

雛鳥の件はどうしてあげたら良かったのか正直言って分かりません。
でも雛鳥ちゃんを親鳥の元にかえしてあげたいっていう想いはみんな同じで、あーでもないこーでもない と必死になって助けようとしたところに思いやりを感じた一日でした^o^

やっぱり共通言語は「愛💖」
命 = 愛 、LIFE = LOVE

ちなみにその雛鳥は先輩が他店舗の敷地の土に埋めて最期を看取りました。
みんなの愛を思いやりを発動させてくれた、ちっちゃな雛鳥ちゃんに感謝🌟
あなたは完璧でした (^_^)☆

f:id:uguisu79:20140816194220j:plain


*1: _ _